PC表示スマホ表示

丸和運輸機関(9090)

 丸和運輸機関の事業内容は「サードパーティ・ロジスティクス(3PL)事業、運輸事業、他」となっています。物流の会社で東証2部といまいち盛り上がりに欠けるので、初値も公募価格付近で決まると予想します。

丸和運輸機関のIPO情報
成長性 割安性
さんかく まる
話題性 総合評価
さんかく c


基本情報

会社名 丸和運輸機関(9090) 【東証2部】
会社URL http://www.momotaro.co.jp/
狙い目証券会社 東海東京証券むさし証券SMBC日興証券SBI証券マネックス証券
カブドットコム証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 3,140円
仮条件 3,140円 〜 3,400円
公募価格 3,400円
初値予想(独自) 3,400円(3月20日時点)
初値 3,100円

・想定価格3,140円から、仮条件を強気に上げてきた。
・公募価格を上げてきた分、公募割れスタート(公募価格比 -300円)となった。

IPOスケジュール

抽選申込期間 3月20日(木)〜3月27日(木)
当選発表日 3月28日(金)
購入申込期間 3月31日(月)〜4月3日(木)
上場日 4月8日(火)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 600,000株
売出株数(OA含む) 200,000株
当選株数合計 800,000株

・当選株数は計800,000株。売買単位が100株なので、当たりは計8,000枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 みずほ証券 85% 680,000株 6800枚 680枚
幹事 野村証券 5% 40,000株 400枚 36枚
東海東京証券 2% 16,000株 160枚 16枚
むさし証券 2% 16,000株 160枚 32枚
SMBC日興証券 1% 8,000株 80枚 8枚
三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
カブドットコム
証券
含む)
1% 8,000株 80枚 8枚
SBI証券 1% 8,000株 80枚 35枚
マネックス証券 1% 8,000株 80枚 80枚
SMBC
フレンド証券
1% 8,000株 80枚 8枚
水戸証券 1% 8,000株 80枚 不明

・主幹事以外だと、東海東京証券むさし証券SMBC日興証券SBI証券マネックス証券カブドットコム証券から当選のチャンスも、割り当てが少ない。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
和佐見 勝(社長) 43.47%
(株)WASAMI 41.03%
(株)マツモトキヨシホールディングス 1.57%
(株)ダスキン 1.57%
トーヨーカネツソリューションズ(株) 1.57%
社員持株会 1.38%
立澤 勝美 1.15%
今井 勉 1.09%
和佐見 清 0.93%
野見山 照久 0.77%

・大株主に対するロックアップは90日間で、公募価格から1.5倍で解除。

企業業績のデータ(5年分)


  2009年
3月
2010年
3月
2012年
3月
2013年
3月
2013年12月
(第3四半期)
売上高(百万円) - - 46,175 48,291 (38,611)
経常利益(百万円) - - 2,947 3,240 (2,321)
当期純利益 (百万円) - - 1,643 1,852 (1,173)
純資産額 (百万円) - - 6,416 8,295 (9,203)
1株あたりの純資産額(円) - - 2,117 2,649 -
1株あたりの純利益(円) - - 542 610 (374)
自己資本比率(%) - - 20.8 26.5 -
自己資本利益率(%) - - 26.3 25.2 -

・連結決算には載っていないが、単体で見ると、過去5年は売上高はやや増加しているが、「ほぼ横ばい」と言ってよい微増レベル。配当は1株あたり100円(2013年実績)。
想定価格から見たPER(株価収益率)は、5.14倍(2013年3月実績)と割安な水準に設定されている。ただし、2014年3月期は第3四半期までの数字で見ると、1株あたりの純利益が374円しかなく、季節による売り上げ変動がどれくらいあるのかわからないので、ここから巻き返せるのか不明。

管理人からのコメント

 丸和運輸機関(9090)は、物流会社で株価に割安感はあるものの、売り上げの劇的な伸びは期待できそうにないので、人気になる要素は少ないです。ただ、キャッシュフローは安定的にきっちり稼いでいて、想定価格も割安に設定されているので、良い意味で「固い会社だな〜」と感じました。初値は厳しいと思いますが、長い目で見るとおもしろいかもしれません。
 上場日の4月8日は、トレックス・セミコンダクター(6616)とかぶるので、IPOへの資金分散される点で、初値にはマイナスですね。会社の評価ではありませんが、個人的には、会社のURLが「momotaro.co.jp(桃太郎)」となっているのがおもしろいと感じました(笑)。

 当選を狙うなら、東海東京証券むさし証券SMBC日興証券SBI証券マネックス証券カブドットコム証券から申し込みが可能となっています。